HOME > CSR > 活動計画・報告

活動計画・活動報告

内部統制システムの整備に関する基本的な考え方

 

Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Readerが必要です。
詳しくはAdobe社ウェブサイトのサイトをご覧ください。

 

社会への貢献

NTTコム ソリューションズは情報通信技術の向上と情報セキュリティの確保に努め、高度情報化社会を支えるネットワーク技術と保守体制でグローバルな通信サービスを提供する企業グループとして、「重要インフラとして高い安定性と信頼の確保」により、災害や障害時でも安心してネットワークをご利用いただける環境整備に努めています。

マネジメントソリューションセンター(札幌)

マネジメントソリューションセンター(札幌) イメージ

NTTコム ソリューションズは、札幌市にICTシステム・ネットワークの常時監視と安定運⽤を⾏うオペレーションセンターとして「マネジメントソリューションセンター(札幌)」を2008年6⽉から運用しています。同センタでは、24時間365⽇でお客さまのICTシステムの監視・運⽤のほか、お問い合わせへの対応、故障修理、BCP管理⽀援などを担います。近年、企業にとって、 ICTシステムはもとより、その安定稼動の要としてのオペレーションセンターは事業継続上必要不可欠なものとなっており、お客様のICTシステムを守るインフラとして、オペレーションセンターへの高い信頼性が求められています。札幌市は地域特性として、地震、台風、雷などの大規模な自然災害の発生が比較的少なく、首都圏からの距離もあることから、オペレーションセンター自体が、広域災害やパンデミックなどの影響をうけにくく、ボイスソリューションセンター(大手町)の機能代替も可能となっています。

同センタでは、サービス品質やお客さまへの付加価値を⾼めて、お客さま満⾜度(CS)を向上させる⼀⽅、運用業務の効率化・⽣産性を促進するために、ITIL®*1をベースとしたITサービスマネジメントシステム(ITSMS)⼿法の導⼊・定着に取り組み、その結果、ITSMSの国際規格であるISO20000の認証を、2009年12⽉に取得しました。

近年、お客さまシステムもクラウドを始めとしたサービスを活用して構成されてきており、オペレーションの技術・内容とも大きく変化してきています。同センタもその変化に追随し、今後も引き続き、⾼品質かつ低コストで効果的な継続的オペレーションサービスの提供に努め、いっそうのCS向上を図ることができるよう、これからも取り組んでいきます。

*1 イギリス政府が策定した、コンピュータシステムの運⽤・管理業務に関する体系的なガイドラインであり、数冊の書籍の形でまとめられています。ITIL®(IT Infrastructure Library)は、英国政府OGC(the Office of Government Commerce)の登録商標です。

地球環境への貢献

NTTコム ソリューションズはイノベーションパートナーとして、豊かで夢のある持続可能な社会の実現をめざしており、地球環境保護に対する役割は大きいと考えています。

NTTコミュニケーションズグループでは、あらゆる環境保護活動の指針とする「NTTコミュニケーションズグループ地球環境憲章」、2020年度に向けた新しい環境保護活動の取り組み方針や目標値である「グリーンICTビジョン2020」を踏まえ、「低炭素社会の実現」「循環型社会の推進」「生物多様性の保全」という社会的テーマに取り組み、地球環境保護に積極的に取り組んでいます。

「NTTコミュニケーションズグループ地球環境憲章」はこちら

グリーンICTビジョン2020
グリーンICTビジョン2020
重要な経営課題として環境保護に取り組み続ける
私たちの指針とビジョンをご紹介します。

生物多様性の保全

当社は、貴重な自然環境である里山の保全活動に取り組んでいます。
緑豊かで生き物が豊富な里山を復元し、環境・生物多様性の保全に貢献するため、社員の有志が集まり積極的な活動を展開しています。
地域に役立つ意義のある取り組みを、企業市民の一員として推進しています。
この取り組みは環境・生物多様性保全への貢献はもとより、社員同士のコミュニケーション活性化やリフレッシュにもなっています。

しろい里山保全活動

生物多様性保全の取り組みとして、NPO法人「しろい環境塾」の協力のもと、春から秋にかけて活動を実施しています。活動を通じて、田植えやさつま芋植えによる耕作放棄地の復元や森林整備等による里山の再生といった環境保全への貢献はもとより、社員や家族の食育、リフレッシュ、コミュニケーションの活性化を図っています。


春の活動
田植え、さつま芋・落花生苗植え
  • 田植え
  • さつま芋苗植え
  • 落花生苗植え
夏の活動
稲の生育観察、間伐竹材の利活用(竹細工作り)、生態系観察(ザリガニ釣り)
  • 稲の生育観察
  • 間伐竹材の利活用(竹細工作り)
  • 生態系観察(ザリガニ釣り)
秋の活動
森林整備(落ち枝拾い)、サツマイモ掘り、落花生収穫
  • 森林整備(落ち枝拾い)
  • サツマイモ掘り
  • 落花生収穫

人材の尊重

NTTコム ソリューションズは「CSR基本方針」に基づき、社員一人ひとりの多様性を尊重し、自己実現可能な職場づくりに取り組んでいます。
人が事業を支えるすべてであり、人を大切にする会社でなければなりません。人が成長でき、働き甲斐のある会社、人にやさしく、働きやすい「人が輝くヒューマンセントリックカンパニー」をめざしています。

働き方改革

当社はワークライフバランスとダイバシティ推進に向けた「働き方改革」を重要な経営課題のひとつと位置づけ、「長時間労働の撲滅」「残業が当たり前の働き方からの転換」「多様な働き方の推進」を基本方針とする「スマイルワーク」に取り組んでいます。

スマイルワークは、社員一人ひとりが自由に使える時間をできる限り多く生み出し、健康の維持・増進、自己啓発・自己実現、円満な家庭づくり、社内外ヒューマンネットワーク形成、社会・地域貢献などに活かしていただくことを願い、全社的な運動として実施しています。

スマイルワーク
スマイルワーク

ダイヤログ(社長対話会)

ダイヤログ(社長対話会)
NTTコム ソリューションズは、対話によりステークホルダーの意見を取り込み、事業に活かすための機会を多く設けています。社員のモチベーションの維持・向上を目的に全社員を対象とした対話会を実施し、新たな提案や業務における課題について社員と意見交換を行うなど、つねに社員の声に耳を傾け、意見や考えを取り入れています。

労使関係

NTTコム ソリューションズは労使対等を基本とし、労使自治の原則に立った主体性と責任ある労使信頼関係のもとでの話し合いを重視し、相互理解と納得のもと事案を解決し、実施に移しています。

人材育成

選択型研修

プロフェッショナル人材の育成に向け、専門性を高めるスキルアップ研修を約750コース、スキルアップ支援研修約150コース、自己啓発支援研修を約90コース揃えています。

OJT研修

実践型のスキル、ノウハウを持つプロフェッショナルとして、国内外を問わずクラウド、ネットワーク、モバイル、セキュリティ等の各テクノロジー領域でOJT研修を通じて自らを磨き、技術力に誇りを持ってチームプレーによりバリューを最大化できるICTソリューション・エキスパートを育成しています。

階層別研修

「新任主任研修」「現場リーダー研修」「マネジメント研修」「新任課長研修」等、社員の現場力や専門性の階層に応じて必要なタイミングで育成施策を実施する階層別研修を実施しています。

グローバル人材育成

社会環境の変化やグローバル化の急速な進展に伴い、ボーダーレスなグローバル競争がますます激化しており、企業は一層の競争力強化が最優先の課題になっています。先進のICTテクノロジーによる新たなビジネスや経営改革をグローバルに展開できるICTソリューション・エキスパートを育成しています。

新入社員研修

新入社員研修の目的は「将来にわたって働き続けるための土台づくり」と考えています。自ら仕事の意味を見出し、働く中で仕事への「やりがい」や自分への「自信」を感じ、「一人称」で業務を遂行し、自分の力で周囲のメンバーを巻き込んでいくことができる新入社員を育成しています。

「公的資格・ベンダー資格取得者」はこちら

pagetop

NTTコミュニケーションズ

NTTコミュニケーションズ NTTコム ソリューションズ