HOME > CSR > 人材の尊重

人材の尊重

NTTコム ソリューションズは「CSR基本方針」に基づき、社員一人ひとりの多様性を尊重し、自己実現可能な職場づくりに取り組んでいます。
人が事業を支えるすべてであり、人を大切にする会社でなければなりません。人が成長でき、働き甲斐のある会社、人にやさしく、働きやすい「人が輝くヒューマンセントリックカンパニー」をめざしています。

スマイルワーク(働き方改革)

当社はワークライフバランスとダイバシティ推進に向けた「働き方改革」を重要な経営課題のひとつと位置づけ、「長時間労働の撲滅」「残業が当たり前の働き方からの転換」「多様な働き方の推進」を基本方針とする「スマイルワーク」に取り組んでいます。

スマイルワークは、社員一人ひとりが自由に使える時間をできる限り多く生み出し、健康の維持・増進、自己啓発・自己実現、円満な家庭づくり、社内外ヒューマンネットワーク形成、社会・地域貢献などに活かしていただくことを願い、全社的な運動として実施しています。

スマイルワーク
スマイルワーク

■ 働き方改革の6つの目的

  • ・健康の維持・増進 心身の健康維持を図る
  • ・労働生産性の向上 時間の質、仕事の質を高めることで、生産性と社員の「働き甲斐、やりがい、モチベーション」を高める
  • ・社内外のヒューマンネットワーク形成 社内でのコミュニケーション活性化、社外との異業種交流等
  • ・自己成長、自己実現 ライフデザイン、学習、能力開発、自己啓発、趣味等
  • ・円満な家庭づくり 家族とのコミュニケーションを図る
  • ・社会・地域貢献 ボランティア活動、地域イベント参加等

働き方改革宣言

2016年8月、NTTコム ソリューションズの取り組みが評価され、東京都の働き方改革推進事業「TOKYO働き方改革宣言企業」に認定されました。

これは、労働者が意欲と能力を十分発揮し、生産性の向上を図るとともに、仕事と生活の調和のとれた働き方を実現するため、これまでの働き方の見直しを図ることを目的に創設された制度です。

私たちはステークホルダーから高く評価されるエクセレントカンパニーになるため、人が輝くヒューマンセントリックカンパニーを目指しており、働き方の改善、休み方の改善を目標とした取り組みを宣言しました。

働き方改革宣言

働き方改革の推進

社員が各々の能力を発揮し、活き活きと働く環境を整備するために、NTTコム ソリューションズでは、在宅勤務制度の推進や生産性向上に資する施策の実施など、働き方の改革につながる各種の取り組みを展開しています。

まず、育児および介護のための在宅勤務制度としては、現在28名(2017年3月時点)の社員が利用しており、より多様な社員の柔軟な働き方の推進を行うことができました。

在宅勤務にとどまらず、ICT企業ならではの働き方に向けた取り組みも加速しています。外出先や出張先でも業務が実施できるシンクライアントによるリモートワーク環境を構築する一方、タブレット端末を活用した隙間時間の有効活用による業務実施などを実現。

さらに、会議の効率化をうたった、会議の心得ポスターによる啓発活動とペーパーレス会議ツールの導入による資料の削減や会議運営の簡素化に継続的に取り組んでいます。

ダイバーシティ推進

NTTコムソリューションズでは、性別や年齢、人種、国籍、障がいの有無などに関わらず、多様な人材が活躍できる職場づくりを進めています。

女性活躍の推進に向けた取組み

NTTコム ソリューションズは、2016年度から全女性社員を対象にして、「ダイバーシティの基礎知識の習得」や「女性が活躍するための課題と現状の共有化」などを目的に、年3回の意見交換会を実施しています。 第1回のダイバーシティセミナーは、一般社団法人ワークライフバランス東海理事の豊岡敬子氏を講師に迎え「働く女性のキャリア開発支援」「自分らしい成長・やりがい・幸福」をテーマに講演およびグループワークを行いました。

  • ダイバーシティ推進
  • ダイバーシティ推進
  • ダイバーシティ推進

「えるぼし」認定

2017年6月には、厚生労働大臣より「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(以下、女性活躍推進法)」に基づく「えるぼし」企業(認定段階2)に認定されました。

「えるぼし」企業(認定段階2)


「えるぼし」認定は、2016年4月1日に施行された女性活躍推進法に基づく行動計画の策定・届出を行った企業のうち、女性の活躍推進に関する取り組みの実施状況等が優良な企業を認定する制度です。
NTTコム ソリューションズは、女性のワークライフバランスやキャリア形成支援施策の推進に加え、女性採用比率や多様なキャリア実現などが評価され、このたびの認定に至りました。
今回の認定を励みに、NTTコム ソリューションズは今後とも女性社員が意欲をもって能力を遺憾なく発揮し活躍できる環境づくりに努めてまいります。また、性別や年齢、国籍、障がいの有無などを問わず、多様なメンバーが活躍できる企業風土づくりと、ICTを活用した多様なワークスタイルで活躍できる環境づくりを進め、ダイバーシティ経営をさらに推進していきます。

「くるみん」認定

2017年9月には、厚生労働省東京労働局より「次世代育成支援対策推進法」に基づく「子育てサポート企業」に認定され、次世代認定マーク「くるみん」を取得しました。

くるみん認定


「くるみん」は、「次世代育成支援対策推進法」に基づき策定した一般事業主行動計画を策定した企業のうち、目標を達成し、一定の基準を満たした企業に対して、厚生労働大臣から認定を受けることができる制度です。
NTTコム ソリューションズは、社員ならびにパートナーの皆さんが、最大限に能力を発揮でき、健康で働きやすく、仕事に一層のやりがいを感じられる「人が輝くヒューマンセントリックカンパニー」を実現するために、各種制度利用の定着、利用促進等について、継続的に取り組み、ワークライフバランスとダイバーシティを推進することを基本方針とし、現在、第三次行動計画(2017年4月1日~2022年3月31日)を策定し、社員一人ひとりが生き生きと働くことができ、多様な働き方を互いが受容し理解し合える職場環境づくりを継続して進めています。

■ NTTコム ソリューションズにおける女性活躍推進の取り組み例

  • 2016年度から全員参加型女性交流セミナーの定期開催などの女性活躍推進施策を本格スタートさせ、女性社員のネットワーク形成および女性社員のキャリア形成の支援に取り組んでいます。
  • 新入社員へのサポートを目的としたメンター制度により、ロールモデルとなる女性社員との交流および意見交換等を通じ、女性のキャリアアップに対する意識・意欲の向上に取り組んでいます。
  • 育児事由で退職した社員の再採用制度、在宅勤務制度の推進など、女性が仕事と家庭を両立しながら継続して活躍できる環境づくりに取り組んでいます。

関連リンク

・厚生労働省「女性活躍推進法」ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000091025.html


障がい者雇用

NTTコム ソリューションズでは、障がい者の採用に際して、ノーマライゼーションの考えに基づき、各人の能力を最大限に発揮できるよう、職種・環境に対する希望を確認し、適性を考慮したうえで、仕事内容を決定しています。 2017年3月1日現在、新卒採用活動、人材紹介会社を活用した中途採用活動、定着支援施策を実施し、障がい者雇用率2.0%を実現しています。

多様なキャリアデザイン

NTTコム ソリューションズでは、60歳の定年を迎えた後も、希望者は最長65歳まで働きがいを持って働き続けられるよう継続雇用制度を導入しています。

ダイアログ(社長対話会)

ダイアログ(社長対話会)

NTTコム ソリューションズは、対話によりステークホルダーの意見を取り込み、事業に活かすための機会を多く設けています。社員のモチベーションの維持・向上を目的に全社員を対象とした対話会を実施し、新たな提案や業務における課題について社員と意見交換を行うなど、つねに社員の声に耳を傾け、意見や考えを取り入れています。

ダイアログ(社員対話会)

NTTコム ソリューションズは、社員がやりがいや喜びを感じられる企業風土づくりを推進するため、社員とのコミュニケーションを重視しています。 働き方改革において、ワークライフバランスへの取り組みを具体的に検討する上で、日頃の自身や職場における働き方について、「悩み」「問題意識」「改善のアイディア」等について、幅広い年齢層の社員と自由な意見交換会を行うなど、社員からの自由な提案をダイレクトに、そして迅速に経営や事業に反映する風通しの良い環境づくりを目指しています。

  • ダイアログ(社員対話会)
  • ダイアログ(社員対話会)

労使関係

NTTコム ソリューションズは労使対等を基本とし、労使自治の原則に立った主体性と責任ある労使信頼関係のもとでの話し合いを重視し、相互理解と納得のもと事案を解決し、実施に移しています。

社員の健康維持・増進

すべての職場において、社員が健康かつ活き活きと業務に従事できる環境を維持・向上することは、プロフェッショナルな人材が十二分に能力を発揮できる職場づくりの基礎ともいえます。このような観点から、私たちは、ワーク・ライフ・バランスの向上と労働安全衛生の徹底を両輪とし、社員の健康維持・増進に向けた各種施策を推進しています。

WORK-LIFE委員会

NTTコム ソリューションズでは、働きがいのある職場づくりや社員のワーク・ライフ・バランスの向上を目指し、WORK-LIFE委員会を設置しています。これは会社と社員の代表者で構成されており、「より効率的で生産性の高い働き方の実現」、「適正な服務の徹底」に向けたさまざまな施策の展開など、継続的に取り組んでいます。 時短に向けた意識の醸成(定時退社推進月間の設定等)や計画的な年休取得の促進を図るとともに、全社員向けにメールマガジンで定期配信するなど、啓発活動を強化しました。 また、勤務時間などに関するeラーニングを実施し、各種制度の理解向上にも努めています。

メンタルヘルスケア

NTTコムソリューションズでは、社員の労働安全の確保を図るとともに、健全で快適に働くことのできる職場環境づくりを目指して、各種施策を展開しています。 メンタルヘルス対策においては、職場のラインケアをいっそう充実させるため、メンタルキーパー養成講座を実施しました。 また、厚生労働省報告に基づくメンタル不調リスクの高い属性の社員に対し、カウンセリングの実施などの各種施策を継続的に実施するとともに、社内外における相談窓口の設置など、サポート体制を整えています。

人材育成

選択型研修

プロフェッショナル人材の育成に向け、専門性を高めるスキルアップ研修を約750コース、スキルアップ支援研修約150コース、自己啓発支援研修を約90コース揃えています。

OJT研修

実践型のスキル、ノウハウを持つプロフェッショナルとして、国内外を問わずクラウド、ネットワーク、モバイル、セキュリティ等の各テクノロジー領域でOJT研修を通じて自らを磨き、技術力に誇りを持ってチームプレーによりバリューを最大化できるICTソリューション・エキスパートを育成しています。

階層別研修

「新任主任研修」「現場リーダー研修」「マネジメント研修」「新任課長研修」等、社員の現場力や専門性の階層に応じて必要なタイミングで育成施策を実施する階層別研修を実施しています。

グローバル人材育成

社会環境の変化やグローバル化の急速な進展に伴い、ボーダーレスなグローバル競争がますます激化しており、企業は一層の競争力強化が最優先の課題になっています。先進のICTテクノロジーによる新たなビジネスや経営改革をグローバルに展開できるICTソリューション・エキスパートを育成しています。

新入社員研修

新入社員研修の目的は「将来にわたって働き続けるための土台づくり」と考えています。自ら仕事の意味を見出し、働く中で仕事への「やりがい」や自分への「自信」を感じ、「一人称」で業務を遂行し、自分の力で周囲のメンバーを巻き込んでいくことができる新入社員を育成しています。

「公的資格・ベンダー資格取得者」はこちら

人権

人権啓発の推進

NTTコム ソリューションズは、人権を尊重した豊かな人権文化を創造していくため、NTTグループ人権憲章並びにNTTコミュニケーションズの人権啓発基本方針をふまえ、あらゆる差別を許さない企業体質の確立と人権啓発推進のための研修などを行っています。

「NTTグループ人権憲章」はこちら

人権に関する相談窓口

NTTコム ソリューションズは、職場で発生した悩みなどを一人ひとりが抱えこまず相談できる窓口を社内外に設ける一方、研修・メルマガなどを通じて社員・派遣社員へ同窓口の認知度向上を促進しています。 なお、相談内容に関する守秘と、相談者の権利の保全は、大前提として徹底しています。

コンテンツを通じた人権配慮

NTTコムソリューションズでは、ウェブアクセシビリティポリシーを制定し、高齢者や障がい者の方々を含む幅広いお客さまにご利用いただけるよう、「見やすい」「使いやすい」「探しやすい」「読みやすい」ウェブサイトの実現に取り組んでいます。 今後もユーザビリティ、アクセシビリティの向上を進めてまいります。

「ウェブアクセシビリティポリシー」はこちら

pagetop

NTTコミュニケーションズ

NTTコミュニケーションズ NTTコム ソリューションズ