HOME > CSR > 経営統治の継続的強化

経営統治の継続的強化

経営統治の継続的強化

製品・サービスを通じた新たな価値の提供から、誠実で公正な企業風土の徹底まで、社会から企業が期待される「責任」は多岐にわたります。
NTTコム ソリューションズは、コンプライアンス、個人・顧客情報保護などを徹底するイノベーションパートナーとして、一人ひとりが使命感を持ち行動するため、行動規範をはじめとする指針群の順守を徹底しています。
その上で、効率的かつ遵法・倫理的な経営基盤を構築するため、ガバナンス・コンプライアンス体制を整備・推進しています。


NTT Com Solutions Wayとステークホルダー配慮の姿勢

NTT Com Solutions Wayとは、NTTコム ソリューションズの存在意義や使命、大切にすべき価値観、日々の活動において社員一人ひとりがどのように行動すべきか、守らなければならないことなどを体系的に示したものです。あらゆるステークホルダーとの関わり合いの中で、何が正しい判断・行動なのか迷うとき基本理念に立ち戻り、自らの行動を振り返り、正しい行動をとるために共有しています。 NTTコム ソリューションズは、NTT Com Solutions Wayを実践することにより、お客さまの事業成長や豊かで夢のある社会の実現に貢献してまいります。

「NTT Com Solutions Way」はこちら

■ ステークホルダーへの姿勢

お客さまに対して

  • お客さま第一の視点で、お客さまにとって本当に価値あるサービスを提供します
  • NTTコミュニケーションズグループの社員としての責任とプライドをもって、スピーディ・柔軟・誠実に対応します
  • お客さまとの永続的な信頼関係を築きます

ビジネスパートナーに対して

  • お客さまに提供する価値を最大化するために、パートナーとより良い協力関係を築きます

社会に対して

  • サービスの提供を通じて、ICT社会の健全な発展に貢献します
  • 社会とのつながりを大事にし、地球環境保護に貢献します
  • 世界各国の文化・慣習を理解し、尊重します

競合会社に対して

  • ルールを守り、フェアな競争を行います

社員・職場環境に対して

  • 個性と多様性を認め、お互いの人権を守ります
  • お互いを信頼・尊重し、自己実現を図るのにふさわしい環境をつくります
  • ICT企業として、セキュリティ保護に全力を尽くします

株主に対して

  • 事業活動に関する情報を公正、正確、タイムリーに開示します
  • 企業として絶え間ない成長を続け、株主の利益を高めるように努めていきます

ガバナンス

NTTコム ソリューションズはICTソリューション事業の責任ある担い手として「企業としての社会的責任を自覚しつつ、社会の持続的な発展に貢献していくとともに、お客さまと社会のご要望、ご期待に応えていく」ことを基本姿勢とし、コンプライアンス、個人・顧客情報保護などを徹底するイノベーションパートナーとして事業運営を行っていくため、「株式会社の業務の適正を確保するために必要な体制」(内部統制システム)の整備に関する基本方針を定め、それに従って経営しています。


内部統制システムの整備に関する基本的考え方

  • 当社は内部統制システムの整備にあたり、法令の遵守、損失の危機管理及び適正かつ効率的な事業運営を目的に、損失の未然防止、損失最小化に向けた各種対策を講じる。
  • 当社は上記内部統制システムの整備及び運用状況についての有効性評価をモニタリングする組織として、経営企画部に監査担当を設置。監査の実施やリスクの高い共通項目については、日本電信電話株式会社及びNTTコミュニケーションズ株式会社からのグループ統一監査テーマを含めた監査を実施することにより、有効性を評価した上で必要な改善を実施する。
  • 社長は業務執行の最高責任者として、内部統制システムの整備及び運用を責任をもって実施する。
  • 日本電信電話株式会社及びNTTコミュニケーションズ株式会社が定める「内部統制システムの整備に関する基本方針」に従うとともに、当社として必要な措置を講じる。
内部統制システムの整備に関する基本的な考え方

CSR推進体制

私たちはCSR活動を推進するために「CSR委員会」を設置しています。
委員会はCSRの各種課題に対する総合的な方針の策定、課題の検討、施策の実施、情報の共有等を通じて、社会的使命を果たしていくことをめざしています。
CSR委員会で定めた活動内容については、取締役会で審議し、活動の成果については四半期ごとに幹部会議、取締役会へ報告しています。
今後ともCSR委員会において継続的に論議し、CSR活動の推進および浸透を図ってまいります。

CSR推進体制

1.CSR委員会の主な役割

  • (1) CSR年間活動報告及び年間活動計画の策定
  • (2) 社内におけるCSR活動の啓発と浸透
  • (3) 個別の施策活動の推進

2.CSR委員会の位置づけ

  • (1) 当社の責任規程に基づく委員会として設置します。
  • (2) 委員会は、委員長、事務局及びメンバーで構成し、メンバーは幹部会議メンバーと同一とします。
  • (3) CSR活動は四半期ごとに幹部会議に報告されると同時に取締役会へ報告します。

企業倫理(人権・コンプライアンス)

NTTコム ソリューションズは、は持続的な成長を続けていくため、社会規範に反することなく、良心をもって、公正かつ公平に業務を行い、「正しい企業活動を行う」という理念のもと、NTTコミュニケーションズグループの一員としてコンプライアンスを基礎とした経営を行い、企業倫理の確立を高いレベルで実現することをめざしています。

NTTコミュニケーションズグループとして国内外を問わず保持すべき統一的な行動基準を明確にするために制定したコンプライアンスポリシーである「グローバルコンプライアンス規程」、差別をはじめ人権侵害に関与しない企業体質の確立をめざすことを規定した「NTTグループ人権憲章」等の内容を踏まえ、引き続き企業倫理の維持・向上を図ってまいります。

また、私たちがお客さま、パートナーの皆さまから信頼されるイノベーションパートナーになれるよう、社内に「企業倫理委員会」を設置し、企業倫理に関する啓発活動や各種施策を推進しています。なお、活動状況については四半期毎に取締役会へ報告しています。

「NTTグループ人権憲章」はこちら 企業倫理(人権・コンプライアンス)

経営トップにより全社員へコンプライアンスメッセージを発出するなどの啓発活動のほか、「法務リスク対応ハンドブック(右図)」を全社員へ配布して社員コンプライアンス教育を行っています。
また、人権侵害・コンプライアンス違反等に関する相談窓口として「企業倫理ホットライン」の体制を整備しています。

法務リスク対応ハンドブック
(C)2013 NTT Communications

情報セキュリティ

お客さまの大切な情報を守り、安心してご利用いただけるサービスを提供すること、法令遵守の姿勢を発展的に維持していくことが重要です。
情報セキュリティは、当社の業務全般において最重要事項であり、情報セキュリティ委員会を設置するとともに、「NTTコム ソリューションズ 情報セキュリティ宣言」を策定し、業務遂行上の基本的な方針にしています。

情報セキュリティ「情報セキュリティ宣言」はこちら

NTTコム ソリューションズは情報セキュリティに関する各種法令の順守はもとより、あらゆる情報資産のセキュリティマネジメントの徹底を全社方針にしています。

情報セキュリティマネジメントの国際規格"ISO/IEC27001"に基づき、情報セキュリティのレベルを設定しています。定期的なモニタリング、是正措置を中心としたレベル向上を図る継続的マネジメント活動により、情報セキュリティガバナンスを強化しています。

今後とも、社員一人ひとりがすべての業務プロセスにおいて情報セキュリティマネジメントの重要性を認識し、技術力に加え、より最適なセキュリティレベルを維持することにより、お客さまとの信頼関係を維持・強化したコミュニケーション環境づくりや運用ビジネスの発展に努めてまいります。

情報セキュリティ

安全衛生

NTTコム ソリューションズは社員が健康で楽しく幸せに働くことができるよう、労働安全衛生の徹底に向けて、「全社安全衛生委員会」を設置しています。

社員の健康維持・増進に向けた各種施策を検討・推進し、活動状況については四半期ごとに取締役会へ報告しています。

安全衛生

ビジネスリスクマネジメント

NTTコム ソリューションズはビジネスリスクマネジメントが会社の内部統制に関わる重要な取り組みであるとの認識から、会社運営に重大な影響を及ぼす大規模なビジネスリスクについて、適切に対処できる体制、仕組みを整備するため「ビジネスリスクマネジメント委員会」を設置しています。

重要リスクとして20項目のリスク定義書を作成し、監査を通じて重要リスクのマネジメント状況を管理するとともに、新たなリスクの抽出、対応方針、対策の継続的検討・見直しを毎年行っています。

ビジネスリスクマネジメント

pagetop

NTTコミュニケーションズ

NTTコミュニケーションズ NTTコム ソリューションズ